神前式の特徴について

神前式は、教会で式を挙げる西洋式の結婚式が普及する前までは、日本の結婚式の代表的なスタイルでした。

近年は、和婚と呼ばれる和風の演出や儀式が若い世代に関心をもたれて、注目されています。神前式は、日本の伝統的な結婚式のスタイルで、神社の神様が祀られている神殿の前で夫婦になることを誓い合う儀式が神官や巫女の手引きによって執り行われるのが特徴です。

儀式の基本的な形は室町時代に完成されたといわれており、市民に普及したのは当時皇太子であった大正天皇の結婚式が挙げられた明治時代からです。

それ以前は、新郎の自宅の床の間で式を挙げるのが一般的でした。現代では、結婚は個人同士の結びつきという考えが主流ですが、神前式では結婚は「家」と「家」との結びつきと考えているため、両家の固い結びつきを願う「親族固めの盃」という独特の儀式もあります。

西洋式の結婚式でよく見られる指輪の交換の儀式は、神道の結婚式の儀式には本来ありません。しかし、最近は新郎新婦の要望もあり、指輪の交換の儀式も式の中に取り入れていることが神社が多いです。

神前式では、もともと親族のみでの挙式が基本だったため、神殿に参列できる人数にはあまり余裕がないことが多いです。

そのため、親族以外の友人や知人を招待する場合には、ゲストの人数と神殿の収納可能な人数を調整しておく必要があります。

神前式では、基本的に白無垢や羽織袴などの和装で行うのが主流ですが、洋装でも行うことは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です