神前式の式次第とは?

最近のパワースポットや御朱印集めのブームもあり、神前式で結婚する人が増えています。

一方、神前式は新郎新婦や親族等だけで執り行われるのが今も主流のため、神社内で何が行われているか分からない人が多いです。神前式では雅楽演奏の中、巫女の先導で参列者が本殿に向かう「参進の儀」から始まります。

いわゆる花嫁行列と呼ばれ、順番は新郎新婦・新郎新婦の親・両家の親族です。「入場」では血縁の強い順で親族が本殿に入り、神前に向かって右に新郎側・左に新婦側が着席します。それに続いて新郎新婦・仲人・神職の入場です。

「修祓の儀」では、神職が新郎新婦と参列者の身を祓い清めるためにお祓いします。「祝詞奏上の儀」は神職が神に二人の結婚を報告し、末永く幸せであるように祈る祝詞を読み上げることです。

次は一般に三三九度の盃として知られている「三献の儀」で、新郎新婦が3つの盃で神酒を小中大の順で交互に飲むことで夫婦の契りとします。「誓詞奏上」で新郎新婦が神前に進み出て、二人が夫婦になることを誓う言葉を新郎が読み上げます。

「玉串拝礼」は、榊の枝で作られた捧げ物の玉串を、新郎新婦・仲人夫婦・両家代表の順で神に捧げることです。奉納後に二礼二拍手一礼します。「神楽奉納」では、神楽に合わせて巫女が二人の結婚を祝う舞を奉納します。

「親族盃の儀」は両家が親族となるための儀式です。新郎新婦と参列者全員が巫女が注いだ神酒を3口で飲み干し、両家の結びつきを祝います。

「斎主挨拶」で神職が神に式の執行を報告して一拝し、最後は参列者が神職・新郎新婦・仲人・親族の順番で本殿から出る「退場」です。

なお「指輪の交換」は神前式には本来ない儀式ですが、要望が多かったため加えられました。三献の儀か神楽奉納の後に行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *