神前式についての説明文

神前式とは、大正天皇が明治時代に行われたご成婚の慶事が起源と言われている伝統ある挙式スタイルです。

神社ならではの奥ゆかしさや格式の高さがあり、厳かな雰囲気で行われるため、年々人気が高まっています。主に神社で行われますが、現在では神殿がある一部のホテルや結婚式場でも挙げられます。

一般的に、ウェディングドレスやタキシードではなく、花嫁は白無垢、花婿は袴を着用し、日本結や綿帽子が基本でしたが今は色打ち掛けや引き振り袖、洋髪等、アレンジが可能な場合もあります。

日本人が一番似合うと言われる和装姿は、幅広い年代の方にも喜ばれます。神前式は誓詞奏上や親族杯の儀、三三九度の盃など、独特な流れが多々あります。その中でも、二人で執り行う儀式が多く、人気の理由の一つになっています。

キリスト教会式よりもリーズナブルに挙げることができますが、家と家の結びつきを重んじるため、友人をゲストとして呼べない場合もあります。

しかし、収容人数の多い挙式会場では参列することができる場合もあるので事前に確認することが大切になります。呼べなかった場合も境内を歩く参進の儀という儀式があるので、境内で晴れ姿を見てもらうことができます。

また、神社は修復されることがあっても新しく建て替えたり、取り壊されることはありません。そのため、子供が生まれてからもお宮参りや七五三、初詣の際に繰り返し訪れることができます。

そのため神前式は家族の絆を大切にする方におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *