神前式を行うときの神社選び

神前式とは、大正天皇が神道をベースとした挙式を執り行ったことから一般庶民に普及して明治から高度成長期に入る前までは結婚式の定番でした。

最近は、ホテルや式場で神道式の結婚式を執り行えるようになりつつありますが、神前式の多くは神社で行うのがスタンダードです。神前式では、伝統的な日本の結婚儀式である三々九度や折り鶴シャワーや雅楽などのチャペル式にはない日本風の演出もたくさんあります。

そのため、最近は神前式に新鮮さを感じる若い世代も多くなり、徐々に神社での挙式も需要が増えています。神前式での挙式スタイルを選ぶ場合には、会場である神社を選ぶことから始めなければいけませんが、そのときにいくつかの注意点があります。

多くの神社では結婚式を挙げることができますが、ホテルや式場の挙式会場と比べると参列者を収納できるスペースが狭いのが特徴です。そのため、参列者の人数と神殿スペースとの調整が必要になってきます。

収納人数は、神社の規模によっても異なりますので事前に調べておくことをおすすめします。神社によっては、無料の見学会や模擬結婚式などのブライダルイベントを行っていますので、それに参加して自分の目で神社の神殿の広さや設備についてじっくり検討すると失敗が少ないです。

神社の中には、交通手段が乏しい場所にあることも珍しくありませんので、ゲストが足を運ぶときに負担になりにくい場所であるかどうかも神社選びのポイントになります。

神社では挙式は執り行えても披露宴を行う場所が用意されていないケースもあります。そのため、神社の周辺に披露宴を執り行える料亭やレストランなどの大勢の人数が食事できるお店があるかどうかも確認しておくとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です