神前式の魅力と注意点

結婚式と一口にいってもさまざまなスタイルがあります。一番人気があるのが、チャペルでのキリスト式のスタイルです。

それ以外にも宗教にこだわらない人前式や神社で執り行う神前式、仏教の仏前式などがあります。最近は、和婚と呼ばれる白無垢などの昔ながらの和装の衣装で日本人になじみのある神社やお寺で挙式を挙げるスタイルが注目されています。

特に神前式は、キリスト式の挙式スタイルが普及する前に一般的だった結婚式です。そのため、神前式でかつて自分たちの結婚式を執り行った思い出がある年配者には好感をもたれやすい挙式です。

神前式を執り行う神社の神殿は、キリスト式の結婚式を挙げられるホテルや専門の式場よりもゲストを収納できるスペースが狭い傾向にあります。

そのため、大勢の招待客を挙式に招きたいと考えている場合は、事前に神社へ問い合わせをしておくことをおすすめします。人数がどうしても制限を超えてしまう場合は、挙式は親族だけで執り行い、それ以外の方は披露宴の方に来ていただくという方法もあります。

逆にもともと少人数で結婚式を挙げたいと考えている方には神社での挙式はおすすめです。神前式での挙式は厳かな雰囲気の中で執り行うため、参列者が多い方が盛り上がるキリスト式の挙式スタイルと比べるとそれほど少人数でも影響は少ないからです。

神社での挙式の特徴と魅力としては、全体的にチャペルで行うキリスト式の結婚式よりも挙式代が安い傾向にあります。雅楽や巫女の舞などのオプションを追加すると数万円ほど高くなりますが、それでも10万前後が平均相場になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です