神前式で結婚式を挙げる意味とは

神前式は神社で挙げる挙式です。

日本古来の宗教である神道で行われる式であるため、古い歴史がありそうですが、実は現在の原型は大正天皇の結婚式の影響によるものなのです。神前式は基本的に親族のみの参加となっています。

厳かな雰囲気と緊張感が結婚に対する意識を深め、お互いの家族の繋がりを強くし、家族の絆を感じることができる挙式になります。一般的には神社で挙げるものと考えられていますが、最近では神前式の会場を設けているホテルや結婚式場もあります。

ただ、日本ならでわの厳かな雰囲気を味わうためには、やはり神社を選択した方が良いでしょう。儀式には様々な流れがりますが、中には省略することができる儀式もあります。

もちろん全て行った方がより素晴らしい式になることには間違いありませんが、費用などのこともあるので全て行うべきであるというわけではありません。

これまでキリスト教式の教会で行う挙式が一般的でしたが、最近では神前式が人気を集めてきています。挙式では和装を着て厳かな雰囲気で行い、披露宴はドレスを着て華やかに行うというどちらも味わいたいという人が増えてる傾向にあるためです。

白無垢は結婚式でしか身に着けることができない衣装なので、これを逃したら着る機会もないでしょう。また、日本人だからこそ味わえる独特な空気感もそこでしか味わうことができません。

そういった点を含めて一生の一度の晴れ舞台に神前式を選ぶ方が増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *