伝統的な神前式の結婚式

日本で結婚式といえば、花嫁がウェディングドレス、花婿はタキシードなどを着用し、チャペルやホテルで実施するといったイメージが定着しています。

しかしながら最近では昔ながらの和装による結婚式も注目を集めるようになってきており、とくに神社で実施する神前式は、日本の伝統を感じられる結婚式として人気も高まる傾向にあります。

そんな神前式の結婚式ですが、憧れはするものの、一般的な西洋風の結婚式とはいろいろ異なり、知らないことも多いので不安になるケースもしばしばあります。

もっとも斡旋先やコンサルタント業者などが神社と新郎新婦との間に入ってしっかりサポートしてくれますし、本番はもちろん事前の下見などでも神社ではスタッフや巫女さんなどが新郎新婦のフォローをしてくれるので、とくに心配する必要はありません。

もちろん西洋式と違うので神前式には独特な儀式などもありますが、そういった事柄も決して難しいといったわけではなく、基本的に誰でも安心して実施することが可能となっています。

そして神前式では新郎新婦の家同士のつながりも重視することから、それぞれの家族も参列することが基本です。それゆえに家族にも協力してもらい、日本の伝統的な素敵な結婚式を挙げるように計画しましょう。

ちなみに神前式で注意しておきたい部分として、披露宴や二次会を結婚式の後にそのまま実施する場合の会場選びがあります。

大きな神社でそういった会場がすでに存在しているならばそれを予約すれば良いのですが、そうでない場合はできるだけ近くにあるレストランなどに予約する必要があり、この場合は新郎新婦側で予約して動く必要があるため、あらかじめ確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *