日本古来の結婚式、神前式

日本独特の花嫁衣装である白無垢を着て、神前式にて結婚式を行いたいというカップルが増えています。

ウェディングドレスも素敵ですが、一生に一度の結婚式ならば日本古来の婚礼衣装で晴れの日を迎えたいという理由が多く、注目を集めています。他の挙式スタイルにはない特徴はどんなものがあるのでしょうか。

神前式でイメージされるのは、神社にて着物の婚礼衣装をまとい、両家族に見守られながら雅楽器の音色が流れる中、三三九度をして神様に結婚の報告をする、といったものです。

実際には、神社だけでなくホテルなどの結婚式場に用意されている神殿を利用したり、巫女の舞があったり、洋式のように指輪交換も行うことも多いです。

神前式で最も特徴的なのは、衣装や雰囲気などの違いの前に、カップル成立ということではなく両家が結びつくということに重点を置いていることです。そのため、両家の親族だけ、もしくは両家の親族を中心とした盃の儀式も行います。

女性にとって一番気になる独特な衣装には、白無垢・綿帽子・角隠しというものがあります。色打掛は披露宴で、白無垢は挙式に着るというのが一般的で、特に白無垢は挙式時にのみ許される最も格式の高い特別な衣装です。

そんな白無垢にだけ合わせることのできる綿帽子もまた、特別なものと言えます。額まできっちりと顔を隠す姿は、挙式が終わるまでは新郎以外の人に顔を見せないという奥ゆかしい意味が込められています。

また角隠しは、角を隠し夫への従順を表していて、美しい日本髪である文金高島田を大いに挽き立ててくれるスタイルとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *