知っておきたい!神前式の流れとは?

神前式による挙式は、独特の作法や式の流れがあります。

挙式を神前式で行いたいと考えているならば、だいたいの流れを覚えておくと良いでしょう。はじめは、参進の儀と呼ばれ、雅楽が流れる中で神職や巫女、新郎新婦と両家の親族が本殿まで歩いていきます。参進の儀は花嫁行列と呼ばれることもあり、基本的には神社で挙式をする時に行われるものです。次に、新郎新婦と媒酌人、両家の両親と親族の順番で入場し、神前に向かって右側が新郎、左側が新婦の順で座ります。

心身を清めるためのお祓いを受けるのが、一同が起立し軽く頭を下げて斎主のお祓いを受ける修祓の儀です。祝詞とは神様に奏上する言葉のことです。神前式では斎主が新郎新婦の結婚を神前に報告し末永い幸せを祈る祝詞奏上が行われます。この後に三三九度とも呼ばれる三献の儀が行われます。大中小の大きさの異なる杯を使ってお神酒を交互に飲み干し、永遠の契りを結ぶ儀式です。新郎新婦が夫婦の誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上、続いて新郎から新婦へ、新婦から新郎へ指輪の交換を行います。

新郎新婦や家族が玉串を神前に捧げる玉串奉奠が行われた後には、新郎新婦への祝福と両家の繁栄を祈り巫女が舞を披露するケースもあります。次に行われる両家の結びつきを祝う親族杯の儀では、参列者全員でお神酒を頂きます。挙式が無事に終了したことを斎主が神様に報告する斎主挨拶があり、そのあとに全員が退場するという流れが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *