伝統の挙式・神前式が人気の理由

現代の日本では教会のチャペルで挙げる教会式や、宗教儀式をおこなわず参列者に結婚を誓う人前式とともに、神社の神殿で結婚の儀式をおこなう神前式も人気のあるスタイルの結婚式です。

新郎は紋付袴、新婦は白無垢や色打掛・黒引き振袖などの和装を着ることも多く、花嫁行列で神殿へと向かう姿は美しさは見る人の心を打つものがあります。現代では和服を着て結婚式をしたいというカップルの多くに、この神前式は選ばれています。伝統的な日本の結婚式であるこのスタイルでは、新郎新婦同士はもちろんのことそれ以外にも家と家の結びつきも重視されます。そのため基本的に神社でおこなわれるこの結婚式に参列できるのは両家の家族と親族のみであるのが特徴です。ただし、神前式でも神社に赴いておこなうのではなく神社の神殿が備え付けられている専門式場やホテルの結婚式場を利用しておこなう場合では、新郎新婦の友人や知人も参列できることもあります。

誰を招待したいかによって神前式の会場を選ぶ必要もでてくるでしょう。全国に神社はたくさんの数がありますが、結婚式のできる神社は常に社務所に人がいるような、ある程度大きな規模の神社になります。そのような神社では披露宴会場として利用できる施設が併設されていることも少なくありません。そのような神社の場合、神前式をおこなった後には、あまり長い距離を移動することなく併設の会場に移り、披露宴をすることができるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *