神前式の特徴と人気の理由

神社の神殿で結婚を誓う儀式をおこなう神前式は、花婿や花嫁に馴染みの深い地元の神社でしたり、観光地にある憧れの有名神社でしたりすることができます。

そのほか、神社の神殿の備わっている専門の結婚式場やホテルの式場を利用して挙式をすることも可能です。そんな神前式の大きな特徴は日本伝統の純和風の挙式ができるというところにあります。家族や親族のみが参列し新郎新婦のふたりだけでなく、家と家の結びつきも実感できるこの挙式スタイルは、親世代や年配の参列者にとっては馴染み深いことも多く、安心してもらえる結婚式になりやすいでしょう。花嫁行列で式がおこなわれる神殿前に向かい、三々九度の盃や誓詞奏上といった儀式をおこなう神前式は、厳かな雰囲気のなか格式のある挙式ができるのが特徴です。

近年再び注目を集めているこの挙式スタイルが人気を集めている理由には、美しい日本ならではの婚礼衣装を着ることが出来るということが挙げられます。神前式は必ずしも和装である必要はありませんが、多くの場合に花婿は紋付袴姿で、花嫁は白無垢や色打掛などを着用します。白無垢に綿帽子の姿は神社の趣きある風景に馴染み、凛とした美しさで花嫁を引き立てるでしょう。日本伝統の挙式スタイルである神前式は厳かな雰囲気と心地よい緊張感があり、日本の魅力を再確認できるのが魅力ですが、その一方では昔はおこなわなかった指輪の交換が今では取り入れられているなど、時代に合った式が出来るのも人気の理由でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *