日本らしい伝統的な挙式スタイルが人気の神前式

主に神社で執り行われる、神前式を選ぶカップルが増えています。

白無垢の花嫁には何とも言えない美しさがあり、一生に1度は着てみたいという女性は多く、日本古来の伝統美を感じさせる挙式スタイルは、実際に式を挙げたカップルや参列者からも高い評価を得ています。費用が比較的リーズナブルなことも人気の理由の1つ、神社に納める玉串料の相場は5~10万円程度、雅楽の演奏や巫女舞などのオプションを付けても挙式費用は約20万円。

着物のレンタル料金や諸費用は追加されますが、教会で挙式する結婚式よりは費用が抑えられるのです。現在の神前式の原型になっているのは、明治33年に日比谷大神宮〔東京大神宮〕で行われた大正天皇のご成婚の儀。神道をベースに欧米の結婚式を取り入れ、日本風にアレンジされた現在の神前式のスタイルが広まり定着したのは昭和に入ってからで、神社だけでなく神前結婚式に対応したホテルや結婚式場でも執り行われています。

神前式の魅力はなんといっても豪華な着物が着られること、近年では日常的に着物を着る機会はほとんどありませんが、白無垢や豪華な振り袖はやはり日本女性のあこがれです。白無垢は最も格式が高い花嫁衣装であり、振り袖は未婚の女性しか着ることができない特別なもの、ほとんど着る機会がない男性の礼装である紋付羽織袴が着られるのも神前式ならでは。清楚で美しい純白の白無垢、赤や金の鮮やかな色を用いた色打ち掛けはバリエーションが豊富、本振り袖も人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *