日本伝統の神前式の特徴とは

日本の伝統的な挙式スタイルである神前式は、神社の神殿の前で両家のつながりと新郎新婦が結婚を誓う儀式をおこなうのが特徴で、近年再び注目され人気を集めています。

神前式は全国各地にある神社や、神社の神殿が備わっている結婚式の専門式場やホテルですることができ、新郎新婦にとって日ごろから馴染みのある近所の神社や、観光地にある大きな有名神社に旅行を兼ねて出かけたり、参列者にとって便利な専門式場やホテルを探して挙式をすることも可能です。日本らしい和婚が可能な神前式にするか、キリスト教のチャペルでおこなう教会式や参列者に結婚を誓う人前式にするか迷っているなら、ブライダルフェアに参加して検討してみるのもよいでしょう。花婿は紋付袴・花嫁は白無垢や色打掛などの和服を着ることが出来るのが神前式の魅力ですが、必ず和装でなくてはならないということはありません。

花婿はスーツ・花嫁はワンピースなどの平服を選び、挙式だけをおこなうなら結婚式にかかる費用は10万円前後に抑えることも可能です。結婚式といえばお金が掛かるものと思われがちですが、多くのお金をかけないでも神前式ならきちんとしたけじめのある結婚式ができ、結婚の実感も得られるでしょう。とはいえ現代で和婚が人気を集めている理由には、美しい日本ならではの婚礼衣装が着られるということがあります。趣きある神社の空間で、一生の思い出に残る結婚式をするなら和装を着るのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *