神の前で結婚を誓う神前式の歴史

神前式は古式にのっとった形だと思われがちですが、歴史としてはそれほど古いものではありません。

日本古来の婚姻形態は男性が女性のもとに通う形で、子供ができて女性が男性の家に移るときなどに披露(祝言)を行うものでした。その後武家の時代になり、女性が男性の家へ嫁ぐ嫁入婚の形式へと変化してきました。その際に氏神や先祖へ結婚を報告する形をとるようになって、神前式へとつながっていったようです。

神前式では三三九度の杯(三つ組みの杯で三度ずつ三回全部で九回酒杯を献酬すること)を交わし、玉ぐし奉奠などを行うことによって神に結婚を誓います。このような結婚式は、1900年(明治33年)に宮中賢所で行われたのちの大正天皇ご成婚が最初とされていてこの内容を基本として、現在の東京大神宮が庶民に会う形を考案して一般に普及していったものと言われています。

神社の祭式の形式を受け継いでいるため、独特の荘重な雰囲気があり人気を集めていますから神社側の話をよく聞いて、儀式に臨みたいものです。本来の神前式では、神社の神殿で行われるものですが実際には専門式場やホテル公共施設でも挙式を行えるところがあり、祀られている神様は各神社や式場によっても異なりますので、係員の説明をよく聞いて確認し理解しておきましょう。式の手順や内容もそれぞれの式場によって多少違いがあります。式場の中には雅楽や舞を取り入れて、挙式を執り行っている施設もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *