神前式の注意点について

神前式は、古く日本で行われてきた伝統的な結婚式です。

以前はキリスト教形式の教会で行うような挙式が人気を集めていましたが、近年では神前式の人気も高まってきました。本来であれば、神前式は家族間での契約とみなされることから親族のみで行われていましたが、最近では友人を招いての挙式も一般的となっています。もちろん、式場によっては家族のみで執り行うところもありますが、そうでない会場も多くあります。

現代の風潮に合わせて、様式も柔軟に変化してきています。神前式で挙式を行う際の注意点ですが、立ち居振る舞いや祝詞の練習をしておくと安心です。キリスト教式とは大きく異なり、祝詞は独特な言い回しが多くあります。初めてですらすらと読むのは難しいため、あらかじめ練習しておくようにしましょう。立ち居振る舞いに関しても同様です。

全体としてどのような流れで式を行うのか、また、どのような振る舞いが必要なのかはなかなか想像が付きません。そのため事前に流れや振る舞いの確認をしておくようにしましょう。加えて、出席者への配慮も大切です。神前式の場合、キリスト教式とは異なり出席者揃っての所作があります。

そのため参列者の中に足が悪い人が居たり、小さな子供連れがいる場合などはあらかじめ会場側に伝えておき、適切な対応をしてもらうようにしましょう。その他にも、宗教面での問題が起こらないように、招待者の宗教面においても確認しておくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *