神前式で行う結婚式について

神前式で行う結婚式が最近増えています。

神前式とは、日本の伝統的なしきたりにそって結婚式を執り行うものです。教会で牧師さんによって執り行われるものとは異なり、神職と巫女が両家を結びつける役割をするのが特徴です。神社で行うイメージがありますが、ホテルや結婚式場でも行えるところが増えています。新婦は白無垢や色打ち掛けを着て、新郎は五つ紋付羽織袴を着て式を行います。

神前式は地域や宗派によって流れが若干異なりますが、一般的な流れというものがあります。まずは、参進の儀といって新郎新婦、そして両親そのあとに親族が並んで本殿に入ります。本殿では向かって右が新郎側、左側が新婦側の席です。神職が身の汚れを払う言葉を述べた後、神にふたりの結婚を伝え、しあわせが長く続くようにお祈りします。その後、3つの大きさが用意されている盃で新郎新婦が交互にお神酒を頂きます。この儀式は三々九度として知られていて、反省と魔よけの意味があります。

指輪の交換は本来の神前式ではありませんでしたが、昭和の終わりごろから取り入れられるようになりました。二拝二拍手一礼や巫女の舞の後に、親族でお神酒を頂きます。無事錦を執り行うことができたら、神職が神にその報告をして退場して終わりです。一般的に30分ほどで終わる儀式で、事前に流れや言葉の説明があるので難しいことはありません。費用もキリスト教の結婚式よりもリーズナブルで、思い出に残る式を行うことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *