神前式にどんなイメージをもっていますか

堅苦しそうだし親族しか列席できないしドレスも着たい。

そんなイメージから「神前式」に興味がないという方は多いかもしれません。実は近年では式場やホテルの館内神殿で挙式できるものや友人知人が列席可能なもの、今風の可愛い和装も増えています。そのため、伝統を大切にしながら今の時代の形に合わせて変化した「神前式」がひそかなブームを集めているという話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

そんな「神前式」と聞くと三三九度など独特の所作があり難しそう、というイメージも敬遠される原因の1つになっているかもしれません。しかし式の流れについては事前に斎主や巫女を務める方から丁寧に説明してもらえることができます。更に、式中も常に所作に関する詳しい指示を出してもらえます。そのため、心配することなく素直な気持ちで臨めば何の問題もありません。

当日の大きな流れとしては、まず雅楽の演奏される中「花嫁行列」が本殿まで進み入場します。最初は清めのお祓いから始まり採取が神前の2人の乾坤を報告。そして三三九度の盃を交わします。この新郎新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒を飲む三三九度は、永遠の契りを意味する行為です。その後、神社によっては巫女の舞を奉納し、新郎新婦が誓詞を読み上げ、二拝二拍手一礼を新郎新婦、仲人夫妻、両家代表が続けて行います。最後に指輪を交換したら両家の親族が順に御神酒を飲み、斎主が結婚の儀の終了を報告すれば式は終了です。難しいことは何もありません。興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *