神前式の流れと注意点

最近は神前式で挙式をおこなう新郎新婦も多いですが、日本の古式ゆかし伝統的なスタイルなので、儀式を通して夫婦の絆を深めていきたい人にはおすすめです。

神前式の人気の理由は、雅楽の音色が響く中進む花嫁行列の厳かな雰囲気が、これから新しい家族と共に人生を歩んでいくという強い気持ちを高めてくれるからです。新郎新婦が二人で行う儀式が多いのも特徴で、何年たっても思い出に残ることも人気のある理由でしょう。

色鮮やかな和装が凛とした和美人を作りだすことができるので、お気に入りの一着を見つけることが可能です。神前式の流れですが、初めての人でも前もって神職や巫女さんが説明をしてくれるので安心です。式の流れは神社によって違うので見学に行った時に詳しい話を聞いてみてください。神職と巫女さんに導かれて、新郎新婦と両家の親、親族の順番で本殿に向かいます。

その後で神社に向かって右側が新郎側の親族で、左側が新婦側に親族が入場し、新郎新婦と仲人、神職が順番に入場して来るので間違えないようにしましょう。次に神職が祓詞を述べ、身のけがれを払い清め、祝詞奏上の儀で神職は神に二人の結婚を報告して、幸せが永遠に続くように祈ってくれます。その後は三々九度の盃で夫婦の契りを結び指輪の交換をします。

次に誓詞奏上と玉串拝礼をおこない巫女の舞と親族盃の儀と続きます。斎主が挨拶をして退場となるのが神前式のおおまかな流れです。神前式を行う会場は神社やホテルなど専門式場にある館内神殿があるので、自分のニーズにあった所を選んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *