神前式の式場選びのポイント

日本では昔から馴染みがある結婚式のスタイルとして神前式がありますが、一昔前はキリスト教の挙式を選択する人も多くなっていて、あまり馴染みはないという若い人も多いのではないでしょうか。

しかし最近では、周りとはひと味違った式にしたいという人や、白無垢を着たいという人も増えていることから、神前式は再び人気を高めるようになっています。神社で挙げるものというイメージを持っている人も多いですが、神前式は必ずしも神社で挙げなくてはならないという決まりがあるわけではありません。

ホテルなどの結婚式場でも、神前式を挙げることができるところも増えています。キリスト教の挙式よりも厳粛なスタイルとなることが多いので、ロケーションや雰囲気には十分注意して選ぶようにしておく必要があります。新郎新婦はもちろんのこと、周囲の環境によってゲストが受ける印象も異なるので、式場ではいかに格式高く作られているかということもチェックしておく必要があります。

収容人数にも注目しておかなくてはなりません。神前式は本来は深夜族のみで挙げるというスタイルということから、友人の参列は不可となっているところもあります。近年では友人の参列も可能となっている式場も増えていますが、収容人数がキリスト教の挙式よりも少ないことも珍しくはありません。希望の人数が収容出来るのかということも考えながら、自分たちの条件にあった会場を探すことがポイントとなってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *