神前式に参加する際に気を付けたいこと

招待された結婚式が神前式だった場合、何か気を付けることはあるのでしょうか。

基本的には挙式スタイルが神前式であっても、教会式や人前式と大きく変わることはありません。ですが、気を付けたいポイントはいくつかあります。まずは神前式に参加する際の服装です。洋装でも問題ありませんが、和の風情が感じられる神社や神殿で行われるので和装にすると挙式会場の雰囲気に良く合います。

新郎新婦の母親や親族の女性は、留袖が第一礼装になります。姉妹や友人の場合には、振袖や訪問着を着るのが一般的です。未婚の女性の場合には振袖を着ていくと場が華やかになるので、とても喜ばれます。ただし、あまり派手すぎるのはおすすめできません。新婦の衣装と似ているものも避けておいた方が無難です。それから神前式では、挙式会場によっては靴を脱ぐこともあります。

靴を脱いだり履いたりする時に手間取ってしまうこともあるので、できるだけ脱ぎやすい靴を選んでおくのがおすすめです。また、素足はマナー違反となってしまうので、ストッキングは忘れずに履いておく必要があります。ストッキングの色や柄にも注意して、華美になりすぎないように気を付けます。ホテルや結婚式場などの神殿で挙げる場合にはロッカーやクロークなどがありますが、神社の場合には荷物を預けることができないことも想定しておかなければなりません。大きな荷物を抱えて挙式に参加することのないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *