結婚式の価値観と考え方

結婚式と言えば、二人の人生でいちばん祝福されることであり、また幸せをいちばんかみしめるときでもあります。

結婚が決まったとき、まず思い浮かべるのが結婚式です。日取りや人数、内容などといったことを決めていかなければなりません。ですが最近では結婚式をあげないところが増えてきています。第一の理由は、金銭面の問題です。

式を挙げるとなると数百万円かかります。金銭面がいちばんのネックです。第2の理由は、式への考え方や価値観が変わっていることです。わざわざ式を大胆に挙げなくても親近者が集まって挙げればいいといった風潮もあります。

つまり結婚式への価値観が大幅にかわっているのです。昔はお金を工面してでも式を挙げてみんなに紹介するといったことでしたが、いまやこの考え方自体が崩れてきているのです。ですからホテル広間などで小さな式を挙げたり、中に新婚旅行だけといったところもあります。

新婚旅行に関しては海外が多く、年々海外層が増えてきています。時代の流れとともに結婚式への価値観や考え方がかわりつつあります。今の若者は結婚をしない、子どもをうみたくない、といったことが多いので、これも結婚を関係していることだお考えます。

式を挙げることが幸せになるわけではないので、そのあたりも要因としてあります。これからの式をいう考え方がそのように変わっていき、進化していくのか、先のことはわかりませんが、だた1つ言えることは、いつでもどこでもお互いが愛し合っているかです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *