結婚式でのスピーチのマナー

結婚式で新郎新婦からスピーチを依頼された時は、新郎新婦や両家に失礼にならないようにマナーを守りながら、心からの祝いの気持ちをスピーチすることが大切です。

結婚式のスピーチの際に気を付けることは、まずスピーチの時間です。長すぎるスピーチは、結婚式の進行を妨げ、せっかくの祝宴をしらけさせてしまいますので、だいたい5分以内ぐらいを目安とします。スピーチの仕方としては、司会から名前を呼ばれたら、その場で一礼し、マイクの位置まで速やかに移動します。

そして、もう一度、一礼をします。そして、新郎新婦、両家の親に着席を促します。スピーチの初めは、新郎新婦、両家の親族にへのお祝いの言葉を述べます。その後、簡単に自己紹介をします。そして、新郎新婦の人となりや思い出話などを紹介します。

この時、注意が必要なのは新郎新婦の過去の異性関係に触れることや、笑いをとろうとして新郎新婦を貶めるような発言をしないことです。特に新郎の友人のスピーチでは、笑いをとらなければという意識が強くなりがちで、このぐらいなら大丈夫だろうと下ネタやバカにするような発言をしてしまいがちですが、ウケ狙いは必要ありません。

また忌み言葉や、重ね言葉も避けるようにします。スピーチの最後には、新郎新婦にはなむけの言葉をおくり、もう一度お祝いの言葉を述べて一礼してスピーチの締めとします。スピーチでは、新郎新婦、両家の親族に失礼に当たらないか、祝いの気持ちが伝わるかをじっくり推敲してスピーチをする練習をしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *