オールオンフォーという新しいインプラント

歯が抜けてしまうときは、1本だけ抜けるのではなく連続して抜けていくようになります。

同じお口の環境の中にあるため、悪い状態が全体に広がっていることが原因です。ですから、気が付いたら総入れ歯になっていたということも、歯科ではよくあることです。総入れ歯の患者さんは、噛む苦労と見た目の苦労の2つを背負っています。そこで、インプラントという、自然な噛み心地の治療ができるようになりました。粘膜の上にのせている入れ歯とは異なり、インプラントは骨にチタンを埋め込み、その上に人工歯を装着するので、外れる心配もありません。

しかし、総入れ歯の患者さんがインプラントを行うと、上で10~14本、下にも同様の本数のチタンが必要になり、治療費と体への負担が強くなってしまいました。オールオンフォーは、上4本、下4本だけのチタンで治療できる新しいインプラントです。オールオンフォーにすることで、体への負担も治療費の負担も大幅に軽減することができました。治療後の腫れや痛みも少なくなり、患者さんにとってメリットが大きい治療です。

オールオン4

オールオンフォーにすると、チタンを埋め込んだその日のうちに仮歯まで用意できるので、歯がない期間というのがなくなります。治療中でも安心して噛めるようになり、見た目の苦労もなくなります。最終的に装着するのはセラミック製の人工歯で、透明感のある白い素材です。歯の失った数の多い患者さんにぴったりのインプラントです。

返信する

必須項目には印がついています*